CATEGORY

HOME»  瀬戸鉄工おすすめ»  じてんしゃ飯の素

じてんしゃ飯の素



雲仙市の郷土食「じてんしゃ飯」。醤油と常備のにぼしを入れる炊き込みご飯のことです。長崎県橘湾の新鮮なカタクチイワシを原料としたにぼしと、九州で作られたニンジン・ゴボウ・シイタケを乾燥させた具材をあわせ、かんたんに「じてんしゃ飯」を再現できる素をつくりました。

素朴だけど、噛めば噛むほど旨味が広がります。
  • ■名称:炊き込みご飯の素
    ■原材料:かたくちいわし(長崎産)、乾燥ごぼう(九州産)、乾燥人参(九州産)、乾燥椎茸(長崎産)
    ■栄養成分表示(1袋20gあたり):エネルギー64kcal、たんぱく質8.4g、脂質0.6g、炭水化物6.1g、食塩相当量0.9g
    ■内容量:20g(米2〜3合用)
    ■賞味期限:180日
    ■保存方法:常温
    ■加工者:(株)天洋丸 / 長崎県雲仙市南串山町丙9287-3

    原料のカタクチイワシは餌としてエビ、カニを食べています。

    【じてんしゃ飯とは】
    長崎県雲仙の郷土料理「自転車飯(いりこの醤油飯)」。橘湾の新鮮ないりこに、風味のいい乾燥野菜を加え、栄養満点の素朴な田舎の味をお楽しみください。

    【ハヤイ・カンタン・カラダにイイ】
    雲仙市の郷土食「じてんしゃ飯」。お米に「じてんしゃ飯の素(いりこ・乾燥にんじん・乾燥ごぼう・乾燥椎茸)」を入れて炊くだけで簡単に作れます!添加物を一切使用していないのもとても魅力的。

    【じてんしゃ飯のつくり方】
    材料:じてんしゃ飯の素(1袋)、醤油(大さじ3〜4)、米(3合)、水(適宜)
    [1]米をとぎ炊飯器の目盛り通り水を加える。
    [2]じてんしゃ飯の素と醤油を加え、炊飯する。
       ※お吸い物より少し濃いめの塩加減を目安に、薄ければ塩少々を加えてもよい。
    [3]炊きあがったら、ざっくりまぜて少々蒸らして完成!

関連商品